FC2カウンター

プロフィール

おみ

Author:おみ

自称浪費家でポチリ癖があり、
拘って失敗するタイプです。
気ままなアクアライフですが、
暖かく見守って下さい!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


FC2ブログランキング

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

検索フォーム

  • 2010/02/13

ただいまの状況


昨秋(2009年10月)からのアクアライフ回想録です。アクアライフというよりは買い物ライフかな?
自己満足ブログですが、しばらくの間、お付き合いくださいませ。。
※アダルトサイト以外であればリンクはフリーです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


老体にムチ打ってお勉強です!!


今回は最近のPCネタです。
今やクラウドブームで少し古いかもしれませんが、仮想化環境のお勉強をするためPCを組みました。当初は中古品などを上手く使って低価格を目指していたのですが、案の定、迷走しました。

1.PCケースは以前購入した、HTPCケースです。(オークション中古約5K)
完全にデスクトップ用ですが、設置場所の関係もあるので、これに決定です!

DSC07798.jpg

2.電源は少々古いですが、格安で入手しました。(オークション中古約3K)
以前、私もこれの600Wを使用していたので、信頼感があります。

DSC08078.jpg

3.CPUクーラーと冷却ファンは廉価版で我慢しました、(ネットショップ新品約4K)
DSC08059.jpg

4.この辺から様子がおかしくなってきました。4コア+HT対応は必須でしたが、第三世代のi7 3770Kを購入してしまいました。(オークション中古約28K)
ぶっちゃけ倍率可変なんて要らないんですけど、男のロマンですかね?

DSC08064.jpg

5.もうひとつ悪い癖が・・・第三世代ivyを見ると殻割りがしたくなるんです。
あくまで自己責任ですが・・・i7,i5と計4台殻割りしましたが、それなりの効果はあります。

DSC08068.jpg

4.純正のグリスはふき取り、液体金属リキッドプロを使います。
DSC08071.jpg

5.何となくターミネーターのT1000を彷彿とさせます。
塗布するのは厄介ですし導電性があるので、あまり多過ぎない程度に塗布した方が良いと思います。

DSC08070.jpg

既にこの時点で完全に趣味の世界になっています(泣

6.マザーボードはこれ!完全にデスクトップ仕様ですが、もう「そんなの関係ねえ!」古過ぎ!
DSC08084.jpg

7.マザーは付属品もほとんど揃っていて、美品でした。(オークション中古約10K)
DSC08085.jpg

7.メモリー32GBは積みたいので、2セット用意しました。(オークション中古約20K)
それしても、メモリーは円安以上に価格が高くなっていますね。。
DSC08102.jpg

8.マザーにCPUとCPUクーラー、および、メモリーを装着した様子です。
CPUクーラーの超プロファイルが仇になって、メモリーと若干干渉しています。

DSC08106.jpg

9.前面の3.5インチベイに吸気ファンを取り付けました。
これも曲者で、吸気ファンを取り付た場合、3.5インチのHDDの取り付けは困難です。

DSC08116.jpg

10.リアにも排気ファンを取り付けました。
こちらの取り付けには、特に問題はありませんでした。
DSC08117.jpg

11.そして今回の目玉はSSD×2です。
最近はこのPLEXTOR PX-128M5Pが気に入っていて、これで4個目の購入です。(ネットショップ新品約22K)
本商品キャンペーンで1個に付き1kのキャッシュバックをやっています。
単機でも充分速いのですが、RAID0を構築してみたかったので2個購入しました。
DSC08055.jpg

11.やはり2つ並んでいると良いもんですね。。
DSC08127.jpg

13.ほぼ完成状態になりました。
DSC08132.jpg

14.やはり見た目は完全なデスクトップです。
DSC08136.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
準備も整ったので、ESXiのインストールをしました。
まさかこんなにトラップがあるとは知らず、かなり苦労しました。
まず、インストーラでドライバを追加する機能がないことです。
これによって、標準でドライバのないSSDのRAID0は早々に諦めました。

次に引っかかったのはオンボードのNICのドライバです。
通称カニなどと呼ばれているBroadcomなどのドライバが用意されていないのです。
有志の方がドライバを用意しているみたいなのですが、チップの型番によっては
動かないこともある様なので、手っ取り早くIntelチップのNICに変更しました。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


15.結局IntelチップのNICを購入してしまいました。
DSC08158.jpg

ESXiのドライバ認識も問題なく、安定動作しています!

因みに今回は企画倒れで終わったPLEXTOR PX-128M5のRAID計画ですが、参考までに初期型のベンチマークを載せておきます。

【FWはVer1.01です。】
20120626
※上記は導入直後のベンチマークです。(約10か月前)

【FWはVer1.05にアップデート済みです。】
2013.07.28
※上記は最近のベンチマークです。

初期型は10か月ほど使用していますが、速度の低下もなくお薦めできるSSDです!

スポンサーサイト

【Win7】QuickTimeが「エラー46」で起動できない件について


完全休業状態になっていましたm(_ _)m

こんなブログを定期的に閲覧して下さった皆様、本当にありがとうございます!

さて復帰ネタですが・・・全く筋違いのPCの話題です。ヽ(´o`; オイオイ
久しぶりで申し訳ございませんが、アクアな方々はスルーして下さいね~



"QuickTime Player"ですが、今まで正常に動いていたのにバージョンアップや再インストールをすると「エラー46」で起動できなくなる場合があります。

私の場合、頻繁にこの症状に出くわしましたが、根本的な原因は分かっていません。
"Windows Vista"の時は、ネットで検索をした「ある方法」で解決しましたが、"Windows 7"はその方法では解決しませんでした。
そこで、ちょっと突っ込んで色々調べたところ、基本的な解決方法は同じであることが分かりましたので、その方法を紹介します。

なお、以下は自己責任において実施して下さい。当方では一切の責任を負いません。



☆あくまで私のPC環境の話です。OSは"Windows 7"の64bit版です。☆

◆前書き
この方法はレジストリをバッチ(*.cmd)で編集します!!
「管理者権限」での実行が前提になりますので、ある程度の知識がある方以外にはお勧めできません。
(バッチやユーザーアカウント制御(UAC)をご存知ない方は、それらについてお調べ下さい。)

よって、手順も詳細には記載しませんので、ご了承願います。
(「QuickTime エラー46」で検索すると「ある方法」が詳細に記載されていますので、事前に参照することをお勧めします。)

◆調査結果
"Windows Vista"で解決した「ある方法」は"QuickTime Player"のレジストリ(キー)の「アクセス権」を再設定するものでした。
これを参考にすると・・・
「うーん?"QuickTime Player"やOSのバージョンでキーの名称が異なるのかな?」
早速、レジストリ・エディタを使ってレジストリ(キー)を調べたところ、何と「所有者」設定がなく、完全にアクセス不可の状態でした。
「では、「所有者」を設定してから、「アクセス権」を再設定すれば!」 → ビンゴでした!

早速、"QuickTime Player"の(おそらく)全てのレジストリ(キー)を抽出し、「所有者」設定→「アクセス権」再設定のバッチ(*.cmd)を作成して試してみたところ、正常?に起動することが確認できました。

なお、「ある方法」で使用したバッチ(reset.cmd)は一部のレジストリ(キー)を対象にしていましたが、この方法は(おそらく)全てのキーを対象としたため、バッチ(*.cmd)を分割していますので注意して下さい。
(他にも手順が変わった関係で、分割している面もあります。)

◆事前準備
1.マイクロソフトのダウンロードセンターにて SubInACL をダウンロードする。
2.ダウンロードしたファイル(subinacl.msi)をダブルクリックしてインストールする。
3.バッチファイル QTreset(自己責任) をダウンロードする。(拡張子txtでアップしたzipファイルです。)
4.ダウンロードしたファイル(QTtest.zip)を解凍する。
5.解凍したバッチファイル(QTresetXX.cmd)の全てを"subinacl.exe"がインストールされたフォルダ(通常=C:\Program Files (x86)\Windows Resource Kits\Tools)に移動する。

◆手順
1."QuickTime Player"のバージョン7.6.9をインストールする。
 ↑ 異なるバージョンではキーの名称が一部異なる様です!
2."QuickTime Player"を起動して「エラー 46:QuickTime ActiveX コントロールを読み込めなかったか検出できませんでした」になることを確認する。
3."QTreset01.cmd"を実行する。→ キーの「所有者」を"administrators"に設定
4."QTreset02.cmd"を実行する。→ キーの「アクセス権」をフルコントロールに設定 [administrators]
5."QTreset03.cmd"を実行する。→ キーの「アクセス権」をフルコントロールに設定 [system]
6."QTreset04.cmd"を実行する。→ キーの「アクセス権」をフルコントロールに設定 [users]
7.再度、"QuickTime Player"を起動して「エラー 46:QuickTime ActiveX コントロールを読み込めなかったか検出できませんでした」になることを確認する。
 ↑ この操作でサブキーが作成されるので必須操作です!
8."QTreset11.cmd"を実行する。→ サブキーの「所有者」を"administrators"に設定
9."QTreset12.cmd"を実行する。→ サブキーの「アクセス権」をフルコントロールに設定 [administrators]
10."QTreset13.cmd"を実行する。→ サブキーの「アクセス権」をフルコントロールに設定 [system]
11."QTreset14.cmd"を実行する。→ サブキーの「アクセス権」をフルコントロールに設定 [users]

以上で終了です。
この状態で"QuickTime Player"が正常?に起動すれば成功です!


繰り返しになりますが、この方法は私のPC環境を前提にしています。起動しない方は他に原因があるのだと思います。"QuickTime Player"のアンインストールでキーは消える様ですので、自己責任でお願いします。


【お知らせ】数日間ネットに接続できません!


私事ですが・・・光回線への移行に伴い、数日間ネットに接続できなくなります。。

今まで某Y社のADSL50Mタイプに加入していたのですが、速度は7M程度とショボイものでした。
局までの距離は2km程度なので、いくら「ベストエフォート」とは言っても納得できる速度ではありません。
実際、一時期は30M程の速度が出ていたんですよね~(ホントに一時期だけですが・・・)

こんな状態で約5年間利用してきましたが、特に何のメリットもないので・・・
色々キャンペーンをやっていてお得な光回線に乗り換えを決意しました!

月々の使用料金はアナログ回線分を含めると「ほぼ同額」で、回線速度はうん十倍!(になる予定!)
実際、使用料金の割り引きやキャッシュバックがあるので、かなりお得です!
「もっと早く移行すればよかった・・・」と正直後悔しています。(色々面倒だったし、情とかもあって・・・)

決意したのは良いのですが、Y社の解約の面倒さは、想像を超えてました。。
使用料金の日割りはできないので、月を1日でも跨ぐと月額の料金が請求されます。
しかも、即日解約どころか、日を指定しての解約もできません。
解約の書類が郵送され、それを返送して届いた日の月末が解約日になるとのことです。

オペレーター曰く・・・
「通常7日~10日で手続きできますが、郵便事情などにより月を跨いでしまいましたら、ご了承願います。」
注)電話したのが20日(日)だったので、ちょうどボーダーラインでした。

うーん?、なんとも曖昧な言い方!!
おみ:「郵便事情ではなく、そちらの発送の都合では?」と反論すると・・・

オペ:「通常、ほとんどの皆様は一旦休止手続きにされます。休止手続きには別途325円かかります。」

なんじゃそりゃ?? 納得できずに話をしていると・・すったもんだの挙句に・・・
オペ:「325円は、お高いですか?」

はぁ・・・「金額」の話ではないんですよね~

 10日前では解約できない可能性がある!(通常7日~10日だが、郵便事情などにより確約はできない。)
    ↓
 その場合、翌月は月額の料金が請求される!
    ↓
 月額料金の請求を防ぐためには、休止手続きが必要!
    ↓
 休止手続きは別料金!(もちろん休止期間中の利用はできない。)
    ↓
 しかも、解約手続き休止手続きは同時にできない!
    ↓
 なので、一旦、休止手続きを勧められる!(その後に再度解約手続きが必要!)

とまあ・・・Y社に都合のよい事ばかりで、ちょっと理不尽なのが気に入りません!
(毎度のことながら、ほとんどの人が読まない約款には記載されているそうです。)

交渉の末、特例で解約手続き休止手続きを同時に受け付けて貰いましたが・・・
なんとも後味が悪かったです。。

結局、24日(木)には書類が届き、27日(日)に投函しましたので、月末には無事解約されるはずです。。

ちなみに・・・
NTTのアナログ回線は約8万で買った記憶がありますが、光回線に移行しても買い取っては貰えないので、
今回は「フレッツ」ではなく「auひかり」を選択しました。。(反旗のつもりですが、無駄ですよね・・)

こんな事に拘る私は、やっぱり昔の人間なのかな??
※長文+愚痴ばかりで、すいません。コメントの返信は回線開通後にさせて頂きます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。