FC2カウンター

プロフィール

おみ

Author:おみ

自称浪費家でポチリ癖があり、
拘って失敗するタイプです。
気ままなアクアライフですが、
暖かく見守って下さい!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2011年03月 | 04月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


FC2ブログランキング

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

検索フォーム

  • 2010/02/13

ただいまの状況


昨秋(2009年10月)からのアクアライフ回想録です。アクアライフというよりは買い物ライフかな?
自己満足ブログですが、しばらくの間、お付き合いくださいませ。。
※アダルトサイト以外であればリンクはフリーです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【Win7】QuickTimeが「エラー46」で起動できない件について


完全休業状態になっていましたm(_ _)m

こんなブログを定期的に閲覧して下さった皆様、本当にありがとうございます!

さて復帰ネタですが・・・全く筋違いのPCの話題です。ヽ(´o`; オイオイ
久しぶりで申し訳ございませんが、アクアな方々はスルーして下さいね~



"QuickTime Player"ですが、今まで正常に動いていたのにバージョンアップや再インストールをすると「エラー46」で起動できなくなる場合があります。

私の場合、頻繁にこの症状に出くわしましたが、根本的な原因は分かっていません。
"Windows Vista"の時は、ネットで検索をした「ある方法」で解決しましたが、"Windows 7"はその方法では解決しませんでした。
そこで、ちょっと突っ込んで色々調べたところ、基本的な解決方法は同じであることが分かりましたので、その方法を紹介します。

なお、以下は自己責任において実施して下さい。当方では一切の責任を負いません。



☆あくまで私のPC環境の話です。OSは"Windows 7"の64bit版です。☆

◆前書き
この方法はレジストリをバッチ(*.cmd)で編集します!!
「管理者権限」での実行が前提になりますので、ある程度の知識がある方以外にはお勧めできません。
(バッチやユーザーアカウント制御(UAC)をご存知ない方は、それらについてお調べ下さい。)

よって、手順も詳細には記載しませんので、ご了承願います。
(「QuickTime エラー46」で検索すると「ある方法」が詳細に記載されていますので、事前に参照することをお勧めします。)

◆調査結果
"Windows Vista"で解決した「ある方法」は"QuickTime Player"のレジストリ(キー)の「アクセス権」を再設定するものでした。
これを参考にすると・・・
「うーん?"QuickTime Player"やOSのバージョンでキーの名称が異なるのかな?」
早速、レジストリ・エディタを使ってレジストリ(キー)を調べたところ、何と「所有者」設定がなく、完全にアクセス不可の状態でした。
「では、「所有者」を設定してから、「アクセス権」を再設定すれば!」 → ビンゴでした!

早速、"QuickTime Player"の(おそらく)全てのレジストリ(キー)を抽出し、「所有者」設定→「アクセス権」再設定のバッチ(*.cmd)を作成して試してみたところ、正常?に起動することが確認できました。

なお、「ある方法」で使用したバッチ(reset.cmd)は一部のレジストリ(キー)を対象にしていましたが、この方法は(おそらく)全てのキーを対象としたため、バッチ(*.cmd)を分割していますので注意して下さい。
(他にも手順が変わった関係で、分割している面もあります。)

◆事前準備
1.マイクロソフトのダウンロードセンターにて SubInACL をダウンロードする。
2.ダウンロードしたファイル(subinacl.msi)をダブルクリックしてインストールする。
3.バッチファイル QTreset(自己責任) をダウンロードする。(拡張子txtでアップしたzipファイルです。)
4.ダウンロードしたファイル(QTtest.zip)を解凍する。
5.解凍したバッチファイル(QTresetXX.cmd)の全てを"subinacl.exe"がインストールされたフォルダ(通常=C:\Program Files (x86)\Windows Resource Kits\Tools)に移動する。

◆手順
1."QuickTime Player"のバージョン7.6.9をインストールする。
 ↑ 異なるバージョンではキーの名称が一部異なる様です!
2."QuickTime Player"を起動して「エラー 46:QuickTime ActiveX コントロールを読み込めなかったか検出できませんでした」になることを確認する。
3."QTreset01.cmd"を実行する。→ キーの「所有者」を"administrators"に設定
4."QTreset02.cmd"を実行する。→ キーの「アクセス権」をフルコントロールに設定 [administrators]
5."QTreset03.cmd"を実行する。→ キーの「アクセス権」をフルコントロールに設定 [system]
6."QTreset04.cmd"を実行する。→ キーの「アクセス権」をフルコントロールに設定 [users]
7.再度、"QuickTime Player"を起動して「エラー 46:QuickTime ActiveX コントロールを読み込めなかったか検出できませんでした」になることを確認する。
 ↑ この操作でサブキーが作成されるので必須操作です!
8."QTreset11.cmd"を実行する。→ サブキーの「所有者」を"administrators"に設定
9."QTreset12.cmd"を実行する。→ サブキーの「アクセス権」をフルコントロールに設定 [administrators]
10."QTreset13.cmd"を実行する。→ サブキーの「アクセス権」をフルコントロールに設定 [system]
11."QTreset14.cmd"を実行する。→ サブキーの「アクセス権」をフルコントロールに設定 [users]

以上で終了です。
この状態で"QuickTime Player"が正常?に起動すれば成功です!


繰り返しになりますが、この方法は私のPC環境を前提にしています。起動しない方は他に原因があるのだと思います。"QuickTime Player"のアンインストールでキーは消える様ですので、自己責任でお願いします。

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。